頭痛における男女の違い

頭痛における男女の違い

頭痛における男女の違い

「偏頭痛は女性に多い頭痛の症状」と聞いたことはありませんか?
また、「群発性頭痛は男性に多い」とも言われていました。
しかしこれらの話は、一昔前までのデータであり、近年は男女差がほとんどありません。

 

偏頭痛は当然ながら男性でも起こることのある頭痛です。
片側やときに両側がズキズキと痛む頭痛のことで、血管拡張やセロトニンの過剰分泌が関係しています。

 

ただし、女性ホルモンの影響もあることから、女性に偏頭痛が多いとも言われています。
実際に女性で妊娠したときや女性ホルモンが整っていると頭痛が起こりにくいというデータがあります。
このように女性ホルモンの関係から、偏頭痛は比較的、女性に起こりやすいとされています。

 

群発性頭痛に関しては、血管拡張が主な原因と考えられています。その要因として、飲酒や喫煙があげられます。
これらの嗜好品は現在、女性の多くも摂取していることから、女性でも偶発性頭痛を発症する人が増えています。

 

また、それ以外にも仕事のストレスなどが影響しますが、これもまた、女性の社会進出により、近年は男女差がほとんどなくなってきています。

ツラい頭痛予防サプリメントランキング