女性に多い頭痛の症状について

女性に多い頭痛の症状について

女性に多い頭痛の症状について

前回(頭痛における男女の違い)も触れたように、頭痛のタイプによっては男女差が出ていたことがありました。ただ、近年の傾向では、ほとんど性別の差はなくなってきています。

 

とはいえ、やはり、女性特有のトラブルから、頭痛が起こることもあります。

 

実は頭痛には、「女性ホルモン」の影響が関係していると考えられています。

 

女性の場合は妊娠や出産に向けて、女性ホルモンが一定のリズムで分泌・変動しています。

 

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という種類があり、月経のサイクルに合わせて、どちらかの分泌が盛んになります。

この変動が、頭痛を起こしやすくすることがあります。

 

実際にリズムが安定していたり、妊娠していると頭痛が起こりにくくなるそうです。また、生理痛の一種として、頭痛を訴える女性も少なくありません。

 

女性ホルモンの一種であるエストロゲンが、とくに頭痛と関係があります。

 

エストロゲンは分泌が減っていくと、セロトニンが脳血管を拡張させやすくなります。したがって、血管拡張が起こり、頭痛が生じやすくなります。生理中などに頭痛がしやすいのも、このエストロゲンの減少が原因です。

 

更年期障害の頭痛について

 

女性は閉経を迎えるにあたって、更年期に突入します。この更年期に入ると、さまざまな症状が女性の心身を襲います。

イライラや不安感、情緒不安定、倦怠感、ほてり、のぼせ、肩こり、そして頭痛。

 

更年期における頭痛も、「エストロゲン」が関係しています。閉経を迎えるにあたって、エストロゲンは必要性が失われてしまうため、どんどん量が減っていきます。そのため、ホルモンバランスが乱れて、さまざまな症状や頭痛を引き起こします。

ツラい頭痛予防サプリメントランキング